チャンス特集

バーテンダー特集

バーテンダー新着求人情報

バーテンダーになるには?

バーテンダーを憧れの職業に挙げる人が少なくありません。
夜のオシャレなバーで接客するバーテンダーは飲食業界の花形とも言えます。
そんなバーテンダーになる方法ですが、基本的にはバーで働くことが一番の近道です。
働きながらスキルやキャリアを重ねていき、バーテンダーとして一人前になるケースが一般的だからです。
調理師系の専門学校を卒業していれば有利になる面もありますが、独立を考えていないなら全くの未経験でもハンデになることはありません。
バーテンダーを目指しているならお店の求人を探してみて、自分の希望にフィットしているか調べてみましょう。

バーテンダーの仕事内容について

バーテンダーの仕事内容はお客さんにお酒や食べ物を提供することです。
お店によってはカクテルやおつまみを自分で作るだけではなく、お客さんの元に届けるウエイターの役割も兼ねています。
そのため、比較的広い範囲の仕事内容を覚えていく必要があります。
お酒作りだけではなく調理や提供の仕方まで、ルールやマナーを良く学んでいきましょう。
また、お客さんとの会話など接客面におけるサービスもバーテンダーの重要な仕事です。
バーというと常連さんとカウンター越しに会話する光景を連想するように、バーテンダーにはある程度の接客スキルも求められます。
なかには接客を必要としないバーもありますが、接客スキルを身につけることはバーテンダーを務めるうえで無駄にはなりません。
基本的な仕事内容だけではなく、お客さんをおもてなしできる接客術も吸収しておきましょう。

どんな人がバーテンダーに向いているの?

バーテンダーに向いているのは、コミュニケーション能力に長けた人です。
お客さんを心地よく接客するテクニックは、働いてからの短い期間だけでは身につきません。
そのため、元々コミュニケーション能力を持っている人ほど、バーテンダーとして活躍できるのです。
ただし、積極的に話しかけることだけが良い接客とは限りません。
例えばひとりで静かに飲みたいお客さんには話しかけない接客がベストです。
つまり、場の空気を読める能力が必要になります。
また、味に関するセンスもバーテンダーとして大成するためには欠かせません。
カクテルにはそれぞれレシピがありますが、毎回レシピどおりに作るだけではお客さんの満足度を満たせないからです。
お客さんの好みに合わせたアレンジやリクエストなど、カクテルには微妙な調整が必要になります。
これらの調整は経験によって身につくこともありますが、元来持っているセンスが左右する部分も少なくありません。
味のセンスに自信があるようなら、バーテンダーを目指してみるのも良いでしょう。