チャンス特集

パティシエ特集

パティシエ新着求人情報

パティシエになるには?

パティシエはテレビや雑誌などのメディアで注目を集めており、今では老若男女を問わず高い人気を集めています。
特に女性からの人気が高く、最近では若い女性の憧れの職業として挙げられるほどです。
まず、未経験の方がパティシエになるためのルートとしては、調理師専門学校に通うのが一番の近道です。
調理師専門学校にはパティシエ専門コースもありますので、基礎からじっくり学ぶと良いでしょう。
現場で必要になるスキルは就職後に補完できますから、まずは基本をしっかりと押さえておくべきです。
パティシエとして経験を積みスキルアップすると、その後のキャリアビジョンも広がります。

商品開発・シェフパティシエ・独立し自分のお店の開業など

商品開発とは、メニューの提案や考案を専門に行う仕事です。
お客様のニーズやトレンドを正確に把握することが求められますので、調理技術だけではなくマーケティングのスキル向上も目指せます。
レストラン・工房などでパティシエ業務を究めると、シェフパティシエとして道も開かれます。
いわゆるパティシエの長として監督的な業務に就けますので、マネジメントスキルなど新たなキャリアの形成に役立つでしょう。
自分のお店を持つという目標を持っている方も沢山います。
パティシエとして独り立ちするまでは様々な経験や実績・人脈などが求められる為、その過程として必要なキャリアを蓄積できる職場選びはとても重要です。
パティシエとしての将来的なビジョンを見据えつつ、自分の希望も満たせるような求人を探してみましょう。

パティシエってどんなお仕事?

パティシエはお菓子やデザートなどを専門に作る調理師です。
一括りに“パティシエ”といっても調理範囲が多岐に渡るため、幅広い知識や技術が必要になります。
パティシエの仕事で重要となるのが、味だけではなく飾りつけのセンスです。
お菓子やケーキなどは見た目の彩りで楽しむものですから、味だけが優れていても充分ではありません。
お客さんの心をときめかせるような飾りつけを施して、華やかな気分で満たせるようなデザートを提供することが求められます。
また、洋菓子店などでは調理だけではなく販売に携わるケースもあります。
そのためパティシエとして裏方の仕事だけではなく、販売や接客に関するスキルも必要な場合もあります。
パティシエの仕事は幅広い能力が求められますので、気になることがあれば事前に確認しておきましょう。

パティシエの勤務先は?

パティシエが必要とされる勤務先はパティスリーに限らず、レストラン・カフェ・ホテル・工房・ウェディングなど多岐にわたります。
どの勤務先でもお客さんに提供するスイーツ作りに携わることになりますが、お店によって仕事の内容は全く違います。
お客様のニーズによってつくる物も変わってきますので、調理技術だけではなくニーズにフィットできる感性も求められます。
皿盛りデザート・焼き菓子・ウェディングケーキ・ショコラなどからキャラクターとのコラボスイーツまで勤務先によって取り扱うものも様々です。
長時間労働の勤務先が多く重労働の職種だというイメージが強いですが、労働環境が整っていてしっかりとお休みが取れたり残業の少ない職場もあります。
自分が作りたいもの、身に付けたいスキルだけでなく、ライフスタイルも含めキャリアビジョンに合う職場を考えるのが大事になって来ます。