飲食人ブログ

パティシエの求人を徹底解説!給料はどれくらい?どんな仕事?どんな人に向いている?

洋菓子を作る職人「パティシエ」は、パティスリー(洋菓子店)はもちろん、ホテルやウェディングなどにも活躍の場を持つ仕事です。アートのような美しいスイーツを生み出しお客様に感動を与えるパティシエの姿に、憧れを持つ人も多いのではないでしょうか。そこで、パティシエの求人に応募する前に知っておきたい、勤務先の種類や仕事内容、給与や待遇、将来性などについて解説します。

パティシエの仕事とは

クッキーなどの焼き菓子からゴージャスなデコレーションを施したケーキや生菓子まで、パティシエはお菓子やデザートを作る仕事です。本場フランスではパティシエは高度な国家資格でもあるほど、ハイレベルな技術を持つ「職人」として認められています。日本では特別な資格を持たなくてもパティシエになることができ、飲食業界の中でも特に男女両方が活躍しやすいフィールドとなっています。
近年では有名店のパティシエがメディアに登場する機会も多く華やかな仕事としてスポットライトを浴びています。しかしキッチンでは立ち仕事で重いものを運ぶなど重労働でもあり、そうした職人としての働き方がベースです。その上で、オリジナルのスイーツを生み出すクリエイティビティーや、繊細なデコレーションを仕上げる感性、器用さや手際の良さなど、さまざまな個性を発揮するチャンスもあるのがパティシエという職業の魅力でしょう。

パティシエの職場にはどんなものがある?

勤務先の業態により、パティシエの仕事内容は若干異なります。自分自身がパティシエとしてどんな業務を担当したいか、どんなキャリアを築いていきたいかを念頭に置きながら職場を選ぶことをお勧めします。

 パティスリー
いわゆる街のケーキ屋さんや洋菓子店のこと。個人経営の店では製造と販売を同じ場所で行いますが、多店舗経営の場合は工房(アトリエ)や本店で製造を一括して行う場合もあります。多くの種類の商品に関わることができ、対面販売型の店舗ではパティシエもお客様の反応を見るチャンスもあるなど、パティシエという仕事の幅広い側面を体験できます。その一方で、少人数制で勤務時間が長い傾向があるのも特徴です。そのため「憧れのシェフパティシエの下で働きたい」「この店の味をマスターしたい」「いずれ人気商品を世に出したい」など、自分なりの目標をはっきりさせておくことが、納得のいく働き方をするコツといえるでしょう。

 ホテル、ウェディング
リゾート施設やシティホテル、結婚式場などブライダル関連施設でのパティシエの仕事は、お客様の特別なイベントをスイーツで彩るという非日常の演出の一部ともいえます。華やかな印象の業態ですが、多人数でケーキ作りの作業を分担することもあり、パティスリーと比べると個人の総合的な成長という面では時間がかかるかもしれません。イベント系の仕事なので土日や祝日は忙しく、休みは平日に取りやすいことも特徴です。

 レストラン、カフェ
中規模以上のフレンチやイタリアンの飲食店では、専任のパティシエを雇用する場合があります。こうした店舗では通常1〜2人程度のパティシエが、コース料理の最後に提供するオリジナルのデザートを開発から製造まで全て手がけます。パティスリーやホテルの厨房に比べると設備面の充実は望みにくいですが、原価計算から仕入れ、盛り付けまでを一手に引き受けることができるため、それまでのパティシエ経験を十分に発揮しながら実力を磨くことができます。

 工房、工場
レストランやカフェの他、百貨店などの小売店で販売するケーキや菓子類を、工房(アトリエ)や工場と呼ばれる厨房のみの施設で作る仕事です。多人数で製造にあたり、それぞれが自分の持ち場の作業だけを担当することになります。そのため、幅広く学びたい人よりも1つのことをコツコツできる人に向いています。また、大量発注品やレギュラー商品の製造が多いため全体の仕事量を管理しやすいことから、勤務時間や休暇日数が保証されやすい職場でもあります。

未経験でもパティシエの求人に応募できる?

基本的に、パティシエの求人は経験者を求めるものが多いですが、中には未経験でもOKという店もあります。工場や工房、ホテルやウェディング施設といった多人数制の職場でその傾向が強いようです。未経験者の場合は当然、入社してすぐに商品開発や製造の要となる部分を担当することはできませんが、見習いとして教えを請いながら1つずつできることを増やしていき、パティシエとして成長していくことが可能です。
パティシエには素材についての知識や扱い方、スイーツの歴史やトレンドなどの情報も必要であるため、未経験でも製菓学校などで学んだ人や、他のジャンルの調理の職務経験がある人に圧倒的に有利な仕事です。調理経験がない場合は、採用されるためのハードルが高いことを考慮する必要があるでしょう。

パティシエの平均給与・待遇

パティシエ全体での平均年収は320万円程度といわれています。決して高いとはいえませんが、勤務先の規模によっても平均額は異なり、少人数の会社ほど給与が低く、多人数の会社ほど高い傾向にあります。そのため、ホテルやウェディング施設、製菓メーカーの工場や多店舗を擁するパティスリーなどの方が給与面では有利といえるでしょう。
高給が保証されやすい一流ホテルなどでは、キャリアを積んでシェフパティシエになると500〜700万円程度の年収を得ることも可能です。スイーツがホテルの食事の目玉となることもあるため、オリジナリティーやハイクラスの技術が求められるポジションでもあります。
勤務時間数や休暇日数についても同様で、大規模な会社ほど残業が少なく休みが取りやすいというのが一般的です。

パティシエの職探しから転職、成功のポイントは?

専門知識が要求される職人技であるため、実力主義と表現されることも多いパティシエの世界。パティシエとして働くなら向上心を持つことや、日々研究や努力をするコツコツした人間性が重要です。
その上で、将来のキャリアパスを思い描きながら求人情報を選ぶことを忘れずに。最終的に独立して洋菓子店を開きたいのであれば、多角的に菓子作りから経営までを学べる求人を選んで働くことや、複数の業態を経験しておくことも役立ちます。ホテルや高給レストランのシェフパティシエになりたいのであれば、自分がやりたい分野のパティスリーやホテルからスタートするのが得策です。
逆に、洋菓子に関わりながら休日はしっかり休むライフスタイルを重視するのであれば、時間のマネジメントがしっかりしている大手製菓メーカーの工場などが良い選択となるでしょう。
洋菓子は、おやつやデザート、特別な日のケーキなど嗜好品として食べられるものであるからこそ、人々の生活を素敵に演出するものです。食べる人の笑顔や驚く顔を想像し、それを楽しみに取り組める人に何より向いている仕事といえます。
また、伝統的な洋菓子作りの基礎を習得した上で、日本やアジアの食材とイマジネーションを融合したフュージョン要素のある洋菓子も人気です。柔軟な発想で商品開発を行い人々の心をつかむことも、現代のパティシエとして非常に意義ある能力といえるでしょう。

パティシエのキャリア、将来の可能性は?

裏方仕事と思われがちなパティシエですが、最近ではタレントとして名前を知られるパティシエもいます。独立開業してパティスリー経営に成功したり、一流ホテルで名を知られたりすることで、他企業とのコラボ商品の開発や講演を行うなど、パティシエであり続けながらタレント事務所に所属して洋菓子の楽しみ方を世に伝える活動に従事するという方法もあります。
また、洋菓子店を独立開業して徐々に人気を獲得し、パティシエを育てるための講師として活躍したり、レシピ本を出版したりといった「教育」のジャンルに活動の場を広げていく人も増えています。
最近ではソーシャルメディアなどを利用した宣伝が行いやすいため、都市部でなく地方のパティスリーであっても特徴と実力のある店であれば人気店に成長し、予約や卸しの契約を獲得し、支店を増やすといったチャンスもあります。

まとめ

疲れているときの甘いお菓子の差し入れや、お祝い事のケーキや贈り物など、洋菓子は人々の思い出を形作る特別な存在です。ただモノを売るだけでなく、特別な瞬間という「経験」を提供する仕事でもあります。自分の作るお菓子が誰かを幸せにすることで、パティシエとして夢を叶え、キャリアを積んで収入面でも安定を目指すために、まずは自分の目標に合った求人を探してみましょう。

*・゜゜・*:.。..。.:*・゜|*╹ω╹*|゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*

☆☆☆お仕事お探しの方☆☆☆

新鮮な求人、お届けします!!
友だち追加

↓↓↓飲食求人なび、見てねー!(^^)!↓↓↓

http://www.food-job.net/

↓↓↓twitterもお願いします!↓↓↓

@shou_yamaguti

☆☆☆まずは気軽にお電話を☆☆☆

インデュースキャリアプロモーション株式会社

0120-570-777

メールもお待ちしております

メールはこちらへ

月別に表示