飲食人ブログ

飲食店の「正社員」の仕事はきつい? 大変と感じる理由と失敗しない就職先の見つけ方

飲食業界での正社員としての仕事は「きつい」といわれることがありますが、他の業界と比べてどんな部分が大変なのでしょうか。レストランや居酒屋、カフェなど飲食店の種別ごとのきつい点や、キッチンとホールの仕事における大変さにはそれぞれ違いもあります。きついといわれる飲食店の正社員の仕事に就く前に、求人情報などを見てきつい職場を避け、失敗しない就職をする方法を解説します。

飲食店正社員の仕事が「きつい」といわれる理由

サービス業である飲食店の仕事は、人々が休憩を取るランチタイムやアフター5、週末や祝日といったタイミングが忙しくなります。そのため、カフェやパン屋なら朝早くから、バーや居酒屋なら夜遅くまでといった時間帯に営業をするようになっています。加えて、朝から深夜までを通じた営業や24時間営業といった長時間営業によって利益を上げるタイプの業態もあるため、飲食店の正社員というと長時間勤務のイメージを持たれがちです。
厨房(キッチン)やホール(フロア)などの業務では立ち仕事が中心となるため、長時間に及ぶ勤務では肉体的な疲労も蓄積しやすくなります。そのため、正社員として飲食店で働く場合、事務的な仕事と現場の仕事との比率も重要なポイントです。アルバイトや現場スタッフの能力や人数が充実した経営を行っている店では、正社員はマネジメントに徹し、現場の作業をメインになってやらない場合もあります。ただし、調理スタッフとして正社員になる場合はキッチンを取り仕切ることがメインの業務となります。
仕事がきついと感じる理由の1つには、自分がやりたいことと違うことを「させられている」と感じるストレスもあります。調理がしたくて正社員になったのに事務仕事ばかり、あるいは経営に携わりたくて正社員になったのにアルバイトと同じ業務ばかり、となると仕事がきついと感じやすくなるため、自分が就くポジションの業務内容をしっかり見極めてから就職先を決めると良いでしょう。

不規則なシフトと長時間勤務

アルバイトであればシフト制で決まった時間内だけ働くことになりますが、急な人手不足などのシフトの穴埋めをするのも正社員の仕事です。長時間営業の飲食店の正社員は2交代制などの場合を除き、昼から深夜までといった長時間勤務を強いられることもあります。
そのため、飲食店の正社員の求人できつい仕事を見分けるポイントの代表例としては以下のものが挙げられます。

 2〜3交代制(朝番、夜番など)の勤務体制が正社員にも適用されているか(長時間営業の場合)
 余裕を持った人材配置になっているか(=顧客単価と人件費のバランスが良好か)
 利益率が高いビジネスモデルになっているか
 残業代がきちんと支給されるか(残業費込みの給与額の場合は何時間の残業分かを確認)

こうした点をクリアしている飲食店はいわゆるブラック企業である確率が低く、正社員が働きやすい傾向があります。

飲食店の仕事のきつさ、業態やポジションごとの違い

飲食店の業態ごとに、仕事のきついポイントが異なる場合もあります。それぞれの業態のきついポイントをあらかじめ知っておきましょう。
 カフェ、パン屋 ……朝が早いことが多い。
 居酒屋、バー ……夜遅くまで働くことが多い。酔った客の対応をすることがある。
 高級レストラン ……仕込みや仕入れの開始が早く、夜遅くなる店も。接客マナーに厳しい。
 大衆店、ファストフード店 ……単価が安いためマナーの悪い客も。利益率が低い。
 社員食堂、学校の食堂 ……平日に休みにくい。昼時が忙しい。

このほか、ポジションごとに仕事がきついポイントの違いもあります。たとえば、キッチンなら食材など重いものや熱いものを扱う、食品衛生管理に注意が必要といった点が挙げられます。ホールならクレーム対応をする必要がある、機転が求められるといった点でしょう。
飲食業に限らずどんな業種でも楽な仕事というのはありませんが、転職する際は各業界の特色を十分に理解しておく必要があります。

飲食店の「きつい職場」を避ける3つのチェックポイント

飲食店のそれぞれの業態の特色を知った上で、求人情報を見る際にも「きつい職場」を避けるポイントがあります。最低限、以下の3つの点に注意することで、転職や就職における失敗の可能性を確実に下げることができます。

①求人情報の更新度合い

ずっと同じ求人の張り紙がされたままの飲食店や、オンラインの求人情報が同じ内容のまま通年掲載されている会社を見たことがある人もいるかもしれません。この状態が意味しているのは「人手不足の状態が続いているビジネス」ということです。
人手不足の理由には大きく分けて2つあります。1つ目は、新店舗の出店などが相次ぎ常に新しいポジションが設けられ、人材の需要が拡大している場合。2つ目は、人を雇用しても何らかの理由によりいつも従業員が居着かずにポジションが空いているという場合です。
1つ目の理由であれば募集をかけたままにしているのは当然なので問題ないでしょう。ただし2つ目の理由で求人情報を更新していない場合は、雇用側に問題がある可能性も考えなくてはなりません。たとえば、雇用条件が現場で守られていない、人間関係や雇用主の態度が悪い、顧客トラブルが多いなどが想像されます。しかし想像とは異なり、求人を出し続けているのは単純に立地や競合店の多さが理由ということもあります。
気になる場合は実際に店舗へ客として訪れ雰囲気をチェックしてみる、求人情報が更新なくずっと掲載されている理由を面接で尋ねてみるなどして、疑問を解消してから入社することで、きつい職場を避けることが可能です。

②企業理念、ポリシー

仕事がきついと感じる理由の1つに、経営方針が合わないということがあります。問題は、自分に合うかどうか。一般的に素晴らしいといわれている企業理念やポリシーでも、自分のやりたい働き方や信念と大幅に違っていれば、そこで働くことがきつい、合わないと感じるのは当然のことです。非常に分かりやすい例を挙げると、ベジタリアンの人がステーキ店や精肉店で働けば、自分と店との根本的な考え方の違いに板ばさみにされてきついと感じることでしょう。
雇用者側と被雇用者側のどちらが悪いということではなく、相性の問題です。相性は個人と個人の間だけではなく、企業と個人の間にも当然存在します。その不一致を生み出さないようにするにはまず、自分自身をしっかり知り、自分に合わないものを選ばない、あるいは少しでも興味が持てる部分があるものを選ぶことです。
仕事は厳しくても生涯役立つ職人の精神を学びたい、独立開業を目指して経営や調理の基礎を習得したい、ゆったりとしたサービス重視の店で働きたい、テキパキとスピーディーに働く仕事術を身に付けたいなど、自分の考えや理想、やりたい働き方をまずはっきりさせておく必要があります。その上で、自分の方針が店や会社の方針と本当に合っているのか、照らし合わせて確認してから求人に応募すれば、方針の不一致というきつさは生じにくくなります。

③有休消化率

飲食店に限ったことではありませんが、勤務日数に応じて決められている法定の有給休暇の付与日数と、実際に有給休暇を利用している日数(有休消化率)に大きな差がある職場というのもあります。平たく言うなら、有休を使う権利は与えられているが、店や会社の雰囲気、スケジュールによって現実には有休を使うことができない状態ということです。一方、有休消化の促進を制度化している企業もあり、有休の利用率の高さを企業経営やマネジメントの健全性の1つの指標としてとらえているケースもあります。
有給休暇を取得するのは労働者の権利です。雇用側が無言の圧力で有休取得をさせないようにしているようであれば、その職場で働くのはきついと感じるかもしれません。
では、有給休暇取得の実態を入社前に知るにはどうすれば良いでしょうか? 最も簡単な方法は、「面接で聞いてみる」ことです。ストレートに聞くことをためらう場合もあるかもしれませんが、求人側と応募者は対等な関係なので、雇用されて働くために真剣に知っておきたいことがあれば尋ねて問題ありません。
ただ、会社として有休消化率を公表していない、あるいは割合をデータとしてまとめていない場合もあるため、あくまで「可能であれば教えていただきたいのですが」と丁寧に質問すると回答を引き出しやすいでしょう。もしデータがない場合は、その店舗での例や、面接を担当している社員の例として「昨年の有給休暇の消化率はどれくらいだったか、参考までに伺えますか?」と聞けば、有休消化を促進している企業であれば自信をもって教えてくれるはずです。同様に、平均的な残業時間数なども確認してみましょう。
面接で質問をする際は、休暇や待遇だけに興味を持って質問をすると求人側からは当然「この人は仕事そのものには興味がない」と見えてしまいます。そのため、仕事内容について十分に話を聞き、質問をして納得してから、有給休暇など待遇面の話をするのが面接での常識的な対応順序です。

まとめ

どんな業界、職種であっても、きついと感じる一番の理由は自分の希望とマッチしていないことが原因です。同じきつい飲食店の仕事であっても、独立開業の夢を持って学ぶために働いている人と、やりがいがないと思いながら仕事をしている人では「きつい」という感じ方にも大きな違いがあります。まずは、飲食業界の中でどんなジャンルに興味があるか、そしてどんなポジションでどんな働き方をしたいか、自分の希望を分析することから始めましょう。
きつい職場を避け、より希望に合った働き方が見つかれば、美味しさという幸せとホスピタリティーを提供する飲食業界の現場で楽しみながら仕事ができるようになるはずです。

*・゜゜・*:.。..。.:*・゜|*╹ω╹*|゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*

☆☆☆お仕事お探しの方☆☆☆

新鮮な求人、お届けします!!
友だち追加

↓↓↓飲食求人なび、見てねー!(^^)!↓↓↓

http://www.food-job.net/

↓↓↓twitterもお願いします!↓↓↓

@shou_yamaguti

☆☆☆まずは気軽にお電話を☆☆☆

インデュースキャリアプロモーション株式会社

0120-570-777

メールもお待ちしております

メールはこちらへ

月別に表示