飲食人ブログ

「食堂」の求人を徹底解説! 社員食堂、学食などの種類から仕事内容、給与、働き方まで

食堂の求人といえば、栄養バランスのとれた定食や温かな家庭の味を人々に提供する仕事です。街の人に愛される一般的な大衆食堂のほか、企業内の社員食堂、学食など、日本人の暮らしのさまざまなライフステージで「食べる喜び」を感じてもらうことができるのも食堂の仕事の特徴といえます。食堂の求人情報について、営業形態の種別から具体的な仕事内容、平均給与のほか、未経験でも失敗しない転職方法を解説します。

食堂の特色

「食堂」に厳密な定義はありませんが、一般的に以下のような特色のある飲食店が食堂と呼ばれています。

 家庭的・庶民的な親しみやすい味
 昼食や夕食などの食事メニューが中心
 手頃で通いやすい価格帯
 朝食を出す食堂もある
 ビールなど簡単なアルコールを出す食堂もある
 地域独特の郷土料理をメニューに加えている食堂もある

このほか、学生街の食堂や学食などでは若い人向けにボリューム感を売りにした店もあります。いずれも比較的安価で、あまり自宅で料理をしない単身世帯の人なども気軽に家の外で家庭的な味を楽しめるのが食堂の良いところでしょう。
カフェなどと異なりしっかりした食事メニューが中心の食堂では、食事時間が多忙になるためランチや夕食時にオーダーが集中し、その時間帯だけオープンしている食堂もあります。

食堂の種別

食堂は主に出店先により、社員食堂なら企業で働く人、学食なら学生といったように対象顧客が異なります。一言で「食堂」といっても、対象顧客によってメニューが大きく異なるのが食堂の特徴です。食堂の求人には、以下のようなものがあります。

 街の大衆食堂(チェーン店、個人店)
 社員食堂
 市区町村など役所内の食堂
 大学、専門学校などの食堂(学食)

昔は食堂というとインテリアに予算をかけない殺風景な食事処というイメージもありましたが、最近ではシンプルながら清潔で居心地の良い店が増え、大衆食堂の多様化やニッチ化も進んでいます。漁港や魚市場の近くで新鮮な魚介類をふんだんに使ったメニューを売りにした店や、筋力トレーニングをしている人に向けて高タンパク低カロリーのメニューを提供する店、オーガニック食材や国産野菜を使用した店など、ユニークなコンセプトを持つ食堂も人気を集めています。
また、「子ども食堂」と呼ばれる非営利の運営をベースにした、安価な食事を提供して子どもの孤食(1人で食事を摂ること)を防止しながら食の楽しみを伝える取り組みもあります。
食堂のメニューとしては、焼き魚や煮魚に小鉢のついた定食や、野菜炒め、唐揚げといった日本の庶民の味のほか、チャーハンやラーメンといった中華風のメニュー、オムライスやパスタなど洋食風のメニューを取り揃えている店もあります。食堂は普段の生活から教育、仕事の場まで人々の暮らしにしっかり根付き、高級店とは違った親しみやすい日本の味を届ける場所となっています。

食堂の仕事内容

食堂で働く場合、小規模な店舗や個人経営の店ではキッチン(厨房)とホール(フロア)のスタッフを分けず、全員が両方を担当することもあります。中規模以上の店舗やチェーン店、繁忙店などでは厨房とホールのスタッフを別個に募集していることが多いようです。

食堂のキッチンの仕事

食堂のキッチンスタッフの仕事は、調理を中心に以下のようなものがあります。

 食材の仕入れ、下ごしらえ
 調理
 食器洗い、片付け
 備品や在庫の管理
 キッチンの清掃、衛生管理

チェーン店以外の食堂では日替わりや週替わり、季節ごとのメニューを考案したり、それに合わせた仕入れを行ったりといった業務もあります。毎日同じ場所で働いたり勉強をしたりする労働者や学生向けの食堂では、変化のある食堂のメニューは日々の食事に彩りを与えるものです。美味しい食事を通して、食べる人に喜びを与えることができる仕事といえるでしょう。

食堂のホールの仕事

食堂のホールスタッフの仕事は、接客を中心に以下のようなものがあります。

 フロアや店頭の清掃
 オープン準備
 オーダーを取る
 料理を運ぶ、片付ける
 会計、レジ締め

お客様から直接「美味しかった」という声を聞くことができるなど、コミュニケーションが発生するのもホールスタッフの仕事ならではでしょう。受け取った意見は厨房スタッフにもしっかり伝えることで、店全体のコミュニケーションを円滑にしながら、仕事にやりがいをもたらすことができます。

食堂で正社員として働く場合は、キッチンとホール両方の業務を担当することがあるほか、スタッフの採用や育成、シフトの管理、売上計算、チェーン店であれば本部への報告などの仕事が加わります。

食堂の平均給与、待遇

食堂で社員として働く場合、平均的な月給は17〜25万円ほどとなっており、他の飲食店と比べて決して高い方ではありません。ただし、食堂の仕事の中でも社員食堂や役所職員向けの食堂、学食などは勤務時間や拘束時間の面で大きなメリットがあるため、給与と時間のバランスを考えると効率の悪い仕事と一概には言えません。
一般企業や役所、学校は土日および祝日は完全に休みとなるため、必然的に食堂も定休日となります。学校などでは土曜は短時間(ランチタイム)のみの営業というケースもあります。営業時間もしっかり定められているところが多く、そのためこれらの食堂は時間外労働や休日出勤が発生しにくい職場なのです。プライベートの時間を確保しながら飲食店で働きたい人にとって、食堂の仕事は理想的な就職先といえるでしょう。
街の大衆食堂の場合も忙しい時間帯や曜日が決まっているため、あらかじめシフトなどのスケジュールを立てやすいことが多いようです。
また、多くの食堂の仕事では美味しいまかないが付いていたり食事補助があったりするため、食費がかかりにくいのもメリットです。社員食堂を専門に運営するグループ企業などもあり、社員食堂に就職したらグループ会社の社員割引特典などが付いてくる場合もあります。
アルバイトの場合は時給1,000円程度が基本ですが、立地や時間帯によっては時給1,500円ほどの求人も存在します。昼食や夕食で忙しい時間帯だけといったシフトもあるため、学生やダブルワークの人のアルバイト先としても働きやすいでしょう。

食堂の仕事は未経験でもできる?

食堂の仕事では、若者からシニアまで多くの人が活躍しています。栄養士や調理師の資格、または仕事としての調理経験を持つ人は積極的に採用されやすい傾向がありますが、未経験者でもやる気があれば採用することを明記している求人も多く存在します。なお、栄養士や調理師の資格は必須ではありません。
大手企業の社員食堂など大規模な食堂の場合、複数のキッチンスタッフがいてそれぞれの持ち場で働くことがあるため、チームワークを持って連携・協力した働き方ができる人も働きやすい職場です。調理の仕事が未経験であっても、食堂の仕事を通して基礎からしっかり学んでキャリアを身につけ、他の業態の飲食店へ転職をすることも可能です。

食堂の仕事はこんな人に向いている

食堂の仕事は飲食業であるため、当然ながら重い食材や鍋を持ったり、水仕事で手荒れをしたりといったことはあります。しかし比較的安定した仕事量と時間数といった条件の中で働けるのは、飲食業としては大きなメリットといえます。休日や終業後を趣味や家族と過ごす時間に充て、プライベートを充実させながら飲食業のキャリアを積みたい人には最適な仕事といえるでしょう。
企業内などの食堂は特に、毎日のように同じ顔ぶれの人が食事をするためにやってくることも大きな特徴です。そのため、なじみのお客様とのコミュニケーションが発生しやすく、味の感想や感謝の言葉をダイレクトに聞けるなど、やりがいを感じやすい点もポイントです。美味しい食事を提供し、お客様からの温かい言葉をもらうことで仕事にやりがいを感じられるというのは、飲食業界で働く大きな醍醐味といえます。
近年では、健康機器を扱うメーカーの社員食堂がヘルシーかつ栄養満点のメニューで一躍有名になるなど、食堂の存在価値への注目も高まっています。

まとめ

美味しいだけではなく、低価格で栄養と愛情のたっぷり込められた食堂のメニューは、日本人の暮らしの活力にもなり得るものです。家庭以外ではお目にかかりにくい伝統の郷土料理も、食堂で人々の舌を楽しませてくれます。高級店とは一味違った庶民的な美味しさは、食堂を通じて受け継がれていくのかもしれません。
人々の生活を潤しながら安定的で着実なキャリアになる食堂の求人を、ぜひチェックしてみましょう。

*・゜゜・*:.。..。.:*・゜|*╹ω╹*|゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*

☆☆☆お仕事お探しの方☆☆☆

新鮮な求人、お届けします!!
友だち追加

↓↓↓飲食求人なび、見てねー!(^^)!↓↓↓

http://www.food-job.net/

↓↓↓twitterもお願いします!↓↓↓

@shou_yamaguti

☆☆☆まずは気軽にお電話を☆☆☆

インデュースキャリアプロモーション株式会社

0120-570-777

メールもお待ちしております

メールはこちらへ

月別に表示